ルルドの泉と少女 YOU Tube 紹介 動画より

ルルドの奇跡とは

聖母と会った少女ベルナデット

★1858年2月11日、フランス南部の寒村「ルルド」で奇跡は起きた。
・この日14歳になる「ベルナデット・スビルー」は、妹と友達と一緒に薪を拾うため、洞窟のあるマッサビエルへ向かった。

・少女たちは、洞窟の前を流れるガブ川についた。
・川を渡るため、ベルナデットが「片方の靴下を脱いだとき、風の音のようなものが聞こえてきた」という。

★洞窟の右側のくぼみに視線を向けると「柔らかい光に包まれ、白い服を着て青い帯をした若くて美しい女性」が見えたという。

・最初、この女性に対してベルナデットは、恐れの気持ちを抱いたが
・光に包まれた貴婦人が、微笑みを浮かべながらロザリオを持って十字を切ったあとは、恐れの気持ちは消えていったという。

・そのため彼女は、ロザリオの祈りを唱えることができた。
・15分ほど経つと、貴婦人は金色の雲に包まれて消えてしまった。
・これが、聖母マリアの「ルルド」での、最初の目撃の様子である。
・聖母マリアは、この後17回出現して村人の前にも現れた。

★9回目の出現の時に湧いた「ルルド洞窟の泉」は数々の難病を治す「奇跡の泉」と知られ、洞窟の上には教会が建てられた。

★遭遇者のベルナデット自身も35歳で亡くなったが、死後に遺体が腐敗しないという奇跡を起こし、キリスト教公認の聖人となっている。


 キーワード

1. 貧しい少女と聖母マリアの出会い。(遭遇は18回におよぶ)

2. 聖母マリアから「奇跡の泉」の提供。

3. 死後も腐敗しない「ベルナデット」の死体。

 聖母マリアは、少女「ベルナデット」に何を託したのか、
・人と会うことを避けていた「ベルナデット」は、そのことを人々に伝えずにこの世を去った。