マリアの最後


マリヤの墓は、どこにあるのか?

マリアの死についても、何ら記録がない
・いつ、どこでどのように世を去ったか知るすべがないのである。

①「エフェソス」で、聖ヨハネと暮らしたという説では

・4~5世紀の時代には、エフェソスがマリアの「終焉の地」として知られている。
・この地でマリアは、静かに「祈りの日々」を過ごして亡くなったと言われている。
・マリアに捧げられた教会は、地元のエフェソス教会で、そこに墓があるという説である。

②「エルサレム」で、暮らしたという説では

・マリアは、故郷から遠くに離れるのを嫌がっていた。
・しばらく使徒たちと暮らしたが、やがてエルサレムの郊外の丘に住んだ。
・ヨハネが建てた石造りの小さな丘の家に一人で住み、静かに祈りながら最後を迎えた。
・マリアの死が近づくと、使徒たちがマリアの家に集まった。
・みんなでマリアの最後を看取り、遺体は墓布で包まれた。
・そして枝で編んだお棺の中に置かれて谷の洞窟に埋葬されたという説である。

エルサレムのマリアの埋葬地には別の説もある。

・イエスの被昇天を見送った「オリーブ山」のふもとの墓地にマリアの墓がある。
・ギリシャ正教会は、この説をとりマリアの墓地とみなし聖母マリア墳墓教会を建てて信仰している。

他にも諸説があり、真実はいまでもわからない。

・もうすぐ50歳に手が届きそうな女性が、故郷から遠く離れたエフェソスまで移住するのは難しい気もする。
・ただ、マリアの墓の場所がどこであれ、息子を失った母親が、安息できる場所で暮らしながら「祈りの中」で静かに最後を迎えたと解釈している人が多い。

■7世紀の作家でテーベのヒュポリトゥスという人物は、マリアはイエスが死んで後、11年間生きて57歳で死んだという計算をしている。
・伝説上のおくそくの計算ですが、参考にして下さい。

 1.マリアの誕生(0 歳):紀元前17年
 2.受胎告知  (12歳):紀元前 3年
 3.イエスの誕生(13歳):紀元前 4年
 4.イエスの死亡(46歳):紀元後29年
 5.マリアの死亡(57歳):紀元後41年

マリアの昇天説

ルーベンス
 ルーベンス画

ティツィアーノ
 ティツィアーノ画



東方正教会とカトリック教会は、
・後世マリアは、体も魂も天に召されたのだと主張している。

カトリック教会は
・聖母マリアは、生きたまま天に迎えられたと説明している。

東方正教会は
・聖母マリアは、人間と同じように自然死をした。
・そして聖母マリアの魂は、死の際にキリストによって受け取られ、マリアが安息したあと彼女の魂とその肉体は、天に召されたと説明している。
・さらに天国に召されて3日目の日に、彼女の肉体は蘇ったと唱えている。


 マリアの聖なる帯

プラート大聖堂

カトリックでは、
・マリアは雲に向かって昇っていく途中、
・インドでの伝道活動からマリアを看取るために急速戻った使徒トマスに、マリアはラクダの毛で作られた帯を落として与えたとされている。

・マリアは、被昇天の証として自分の帯をトマスのもとに落としたという。

・それは聖なる帯と呼ばれ、イタリア、トスカーナ州のプラート大聖堂の聖遺物箱にいまも保管されている。
・9月8日のマリアの誕生日を含め、年に5回取り出され公開されている。






240 0 1