マリアへの祈り


マリヤ信仰  聖母マリアは、昔から人々に深く愛され続けている。

聖母マリアは、今でも絵画・音楽・文学などいたるところに登場する。
・それだけ人々が、マリアを慕っているということだろう。
・何百万人という信者が、毎日マリアに祈りを捧げている。
・そして世界各地にある「マリア聖地」に足を運んでいる。

いまも続く、マリヤからのメッセージ

聖母マリアは、何世紀にもわたり人々の前に「神と人の仲介者」として姿を見せている。
・奇跡を起こしたり、これから起こるメッセージを残したり、祝福を与えたりしたという評言が、後を絶たない。

・マリアが最初に出現したのは、紀元後40年のことで、大ヤコブがスペインで遭遇したという。
・16世紀になると教会が、聖母の目撃についての調査を始めた。

☆マリアの出現は非常に多く、世界の各地で出現している。
・特に20世紀に入り、その数は増加したといわれている。



☆カトリック教会も公式に認めたのも多く、
・特に有名なのは
1.1531年のメキシコのグアダルーペ
2.1858年のフランスのルルド
3.1917年のポルトガルのファティマでの出現などである。


・Schubert - Ave Maria - Deanna Durbin

グアダルーペの奇跡

ルルドの奇跡

ファティマの奇跡  

聖母マリア

 人々の暮らしに根づくマリア信仰

★ フィリピンは、カトリック教の国である。
・その教会に行くとキリスト像より圧倒的に「マリア像」の下に花束が捧げられている。
・多くの人々はマリアを深く信仰しており、聖母マリアに願いを込めて祈っている。

★ 聖母マリアは、慈悲深く汚れなき清き女性であり、神と人々の間に立ち、いまでも奇跡を起こす方とされている。
・その為、多くの信仰者から崇拝されていると思われる。

★ 閉鎖された現代社会、生活弱者はますます厳しい状況に置かれている。
・人々は聖母マリアに、この矛盾社会からの救いをもとめ祈っている。
・今後もさらに聖母マリアに祈る人々が増え続け、「マリア信仰」が広がることが予想される。





228 0 1