ベトナム情報   ★フーコック島の紹介 (Phú Quốc)  


フーコック島

■ベトナムの南、タイランド湾に浮かぶベトナム最大の島である。

・島の人口は、8万5000人(2001年)
・現在は、約15万人近くに増加していると思う。
・思うというのは、ベトナム政府の発表がないからである。

・理由は、カンボジアとの国境線の島である。
・島には、立入禁止の軍事施設があり、
・誰もいない浜辺に監視塔が建っていた。

・日本軍は、太平洋戦争時この島に飛行場をつくった。
・この飛行場からタイに進行した島でもある。
・この島の日本語名は「富国島」(ふうこくとう)である。

・「富国島」とよんだ意味は、よくわかる。
・この島は「青い空・紺碧の海・そして白い砂浜・豊かな森と魚類」まさに豊に富める島である。
・日本軍がつくった飛行場は、今はこの島の空港として利用されている。



■ベトナム人は、この島は「寂しい所」と行ってあまり行かなかった。
・地球の歩き方「ベトナム」にも、わずか3行ほどしか記載されていない。

・しかしベトナムも豊になり、いま、この島の開発を始めだした
・ベトナムのロングビーチを代表する「ニャ-チャン」や「ムイネ」のような賑やかさはまだない。が、
ベトナムを代表するリゾ-ト地になることは間違いない。

■日本からも多くの観光客が訪れるのも間違いないと思っている。

2011年09月(記)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

旅







8601 2