聖母マリアについて

     聖母マリア

聖母マリアは、イエスの母であることは、みんな知っている。
教会には、マリア像もあり信仰者も多い。

しかし、幼いときのことや、イエスの復活後どこで暮らし、いつ亡くなったか。ほとんど知られていない。
なぜ、なのだろうか?

わたしは、聖書信者ではないがマリアについて調べてみた。

マリア


新約聖書にマリアが記述されているは

 1.受胎告知      (ルカ福音書 1:26-38)
 2.エリザベト訪問   (ルカ福音書 1:26-38)
 3.イエスの誕生    (ルカ福音書 2: )   

 4.シメオンの予言   (ルカ複音書  2:34-35)
 5.東方三博士の来訪
 6.エジプトへの逃避  (マタイ複音書 2:13)

 7.幼子イエスを見失う (ルカ 複音書 2:43-45)
 8.カナの婚礼の場面  (ヨハネ複音書 19:25)
 9.十字架の場面    (ヨハネ複音書 19:34, 19-38)

新約聖書で「受胎告知」以降のマリアの記述情報は少ない。
・イエスの復活以降のマリアの記述は、新約聖書にはほとんどない。

新約聖書の中のマリア記述と聖書以外の情報      

マリア情報1

マリア信仰2

マリア信仰

受胎告知

イエスの誕生

2019/10/15 (記) Ouxito