ココア情報       ★「カカオの栽培」 

 *制作:ネスレ日本 You Tubeから

ココア情報       ★「カカオ豆の歴史」 

■コロンブスが新大陸を発見した16世紀以降、ヨーロッパ人が新大陸から持ち帰った物は、金銀財宝の他、いろいろなものがある。

カカオもその一つで、コロンブスはスペインに持ち帰ったが、その使い方がわからなかった。
・しかし、略達者エルナン・コルテスは違った。アステカの皇帝から「ショコラトル」という飲み物を飲まされた。

・この飲み物は、皇帝や身分の高い者しか飲むことができない「神の飲み物」で、カカオ豆をすりつぶしてドロドロにし、トウモロコシやバニラやスパイスを入れて飲む。
極めて苦いが口の中でとろけてとても元気がでる飲み物であった。

・カカオ豆の木は、南米のアマゾン川流域、アンデス山脈東部、オリノコ川流域が起源といわれる。しかしながらその栽培は難しく、希少価値は高くメソアメリカとカリブ地域の共通通貨として用いられるほどであった。
*メソアメリカ(Mesoamerica)=中南米地域で高度文明(マヤ、テオティワカン、アステカなど)が繁栄した文化領域を指す。

・こうして16世紀初頭、カカオ豆はスペイン人によってヨーロッパへ渡った。

ココア情報       ★「カカオ豆の加工」 

■この「チョコラトル」は、スペインでは、病人に与える薬として飲用された。
・スペインとフランスの王家の結婚で交流が深まるとフランスにも伝わり、17世紀中期に一般的な飲み物となった。しかし油脂分が多くお湯や牛乳に溶けにい苦くて濃い飲み物であった。

・オランダのカスパルス・ヴァン・ホーテン(1770年-1858年)が、カカオマスから油脂を分離し粉末化する手法を開発して「ココア」と名付けて売り出した。
・脱脂することで、湯に溶けやすくなったのである。(ココナツパウダーの登場)

*カカオは、スウェーデンの植物学者カール・フォン・リンネの植物分類学で植物学名がつけられた「ココアcacao(神の食物)」である。

・油脂分のココアバターは当初は副産物として利用価値が低かったが、やがて固形チョコレートが発明された。チョコレートの登場である。
・このチョコレートに、砂糖やミルク・香辛料を入れて現在は色々なチョコレートが作られている。

■カカオ豆がヨーロッパに渡って500年、いまでもその加工技術は研究され発展している。
・奥の深い「神の飲みもの」なのである。

ココア情報       ★「甘いチョコレートの苦い歴史」 

■君は奴隷貿易のことを知っているか

■甘いチョコレートには砂糖が必要である。
・この砂糖は新大陸発見後、白人達が新大陸に砂糖きび畑の大農場(プランテーション)をつくり砂糖をヨーロッパへ運んだ。砂糖も大切だが砂糖きびから「ラム酒」を製造するためである。

・大農場の労働は、当初は原住民を奴隷として働かしたが、過酷な労働のため死亡者が多く労働力が不足した。
・新大陸が発見され大航海時代にはアフリカも白人たちの植民地となっていた。
・そこで、労働者不足を西アフリカの住民たちにもとめた(奴隷貿易)。

・16世紀~19世紀の近代は、白人たちの帝国主義の時代である。
・金銀財宝を奪い、土地を奪い、白人たちに有利な作物の大農場をつくり原住民や黒人奴隷たちを酷使して富を奪い取っていったのである。
・そのため、原住民の3分の1は死亡し、300年間に黒人奴隷は5000万人も故郷を離れ、過酷な輸送中20%は死亡して海に捨てられた。

・白人たちとは誰なのか・・・16世紀以降はスペイン人とポルトガル人が中心であったが、スペインがイギリスに負けた英西戦争の17世紀以降は、イギリスが覇者(はしゃ)となり、イギリスは新大陸だけではなくアフリカ・アジアにも進出し植民地支配を行った。

・甘いチョコレートには、この様な苦い歴史がある

■カカオ農園で働く児童労働者

■現代は帝国主義の時代ではないが、甘いチョコレートには、やはり苦い問題がある。
・奴隷貿易が禁止されたあと、南米のカカオ豆の生産が労働者不足となった。
・そこで白人企業家たちは、カカオ豆の木を西アフリカに移植し、西アフリカにカカオ豆の大農場(プランテーション)をつくったのである。

・そのため現在でもカカオ農家のコストは抑えられ、その収入は極めて低い。
・カカオ農家の黒人たちは、今度は黒人の子供達を強制労働者として生産を続けている。
・ガーナでは約90万人・コートジボワールでは約130万人(2015年)の子どもたちがカカオ農園で働き、そのうちの64%が14歳以下の「児童労働者」である。
・日本のチョコレート原料は、ガーナ産が70%を占めている。

・君たちが好きな甘いチョコレートを口に入れるとき、このことも忘れないでほしい。

2019/05/10 (記) Ouxito