コーヒーの歴史

 「コーヒールンバ」
   西田佐知子


法王クレメンス

■コーヒーは毎日飲む、1日4~5杯は飲む、しかし、コーヒーについては知らないことが多い。

・毎朝、Milkを少し入れたコーヒーを飲む。カフェ・オ・レではない、砂糖は入れない。
・ベトナムやフィリピンは、コーヒーの原産国である。この国々のコーヒーはやたらと甘い、そして苦い。しかし、灼熱の暑さの中で飲むときは、じつにうまいのである。
・コーヒーの知識を持たずに、いつも飲んでいる。
・コーヒーの歴史ぐらいは知ってみようと-まとめ-てみた。

■コーヒーの植物は、紀元1000年ごろ、エチオピア(アフリカ)で発見され利用されたという説。

・発見
・エチオピアの南部アビシニア高原で、羊飼いの青年が、ある日、羊たちが赤い実を食べて興奮しているのを見て、自分も食べてみたところ、全身に精気がみなぎり、爽快な気分になった。これがコーヒーの発見であるという説である。他にも諸説があるが、何しろ文字の記録のない話なのでわからない。

・広まり2
・青年は山羊と一緒に毎日この赤い実を食べ、元気に愉快に働いていましが、あるとき、通りかかったイスラム教の僧侶が、青年から赤い実の不思議な力に聞き、これを僧院に持ちかえって仲間の僧侶たちに食べさせた。
・甘ずっぱいおいしさに加えて、眠気がとれ爽やかな気分になり、僧侶達はそれ以来みんなこの実にすっかり魅せられ、魔法の豆として、密かに愛用されるようになったということです。

・広まり2

・初めは実をつぶして脂をまぜ、団子にして食用にしていたが、その後、実と葉を一緒に煮て煮汁を飲むようになる。
・ついで、実の皮と種子を天日で乾かして使うようになった。現在のアラビアコーヒーの原型です。
・それから約600年の間に、イスラム教全土に広まったこのコーヒーを「アラビアコーヒー」という。


・アラビアコーヒーとは

・現在でもイスラム圏の人々は、このコーヒーを飲んでいる。
・煎った豆をお湯の中に入れ、その煮汁を飲みます。
・砂糖がたっぷり入り、香辛料なども入れて香りをつけて飲みます。

・とても熱くて苦く・甘く・スパイスの香りがするコーヒーです。
・トルココーヒー・アラブコーヒーとも呼ばれています。体に良い飲み物として飲んでいるようです。

・1510年頃、カイロに世界初のこのコーヒー店ができた。
・1554年には、トルコの首都コンスタンチノープルに「カヴェー・カネス」という有名なコーヒー店も生まれた。
注:トルコでは、コーヒー豆を煎り、それを石臼で挽いて煮出して飲む方法が親しまれている。

■ヨーロッパ人(白人達)が、コーヒーを飲み始めたのは、1600年頃からである。

・アラビアコーヒーは、クレメンス法王から洗礼を受けた

・1615年ベネチアに上陸したコーヒーは、ヨーロッパ人達に広まったが、イスラム教徒の飲み物なのでキリスト教徒は飲めなかった。
・しかし、時の法王クレメンスは、この飲み物を異教徒に独占させるにはもったいないと「コーヒーの洗礼」を行った。
・そのため、コーヒーはヨーロッパ社会で市民権を得て、飲めるようになったのです。

・最初の店は、1650年イギリスのオックスフォードの学生街にOpen、たちまち学生達に大人気となり、わずか10年で2000軒のコーヒー店が、ロンドン市中に林立してコーヒーブームの発火点ともなった。
 このコーヒーハウスは「ペニー大学」と呼ばれ、入場料1ペニー・2ペンスでコーヒーか紅茶そして新聞がつき毎日、知識人のたまり場となっていた。

■なもないブリキ職人の大発明「ドリップ式コーヒー」の登場。(フランス1763年)

・ドリップ式コーヒーの登場

・フランスは、コーヒーの近代化に重要な貢献をしました。ドリップ式の考案です。
・1763年、ポットの中にたらした布袋にコーヒーの粉を入れ、熱湯を注いで浸透させる器具が登場した。
 煮出すコーヒーから漉(こ)すという、近代コーヒーの基盤が、名もないブリキ職人によつて編み出されたのです。

・まさにコーヒーの一大革命です。
・コーヒーの豊かな味と香りを最大限に抽出するこのドリップ式を考案してくれた一人のブリキ職人に感謝です。

■アラビアコーヒーは、どうしても抽出液に豆カスが残ります。コーヒーは、その後は抽出器具の歴史となります。

・現代のコーヒーの抽出器具類

・さまざまな器具があり、何を使って抽出するかは自分しだい。

・自分のスタイルで香りと苦みを楽しんでください。

■世界中で飲まれているコーヒー、そのコーヒー豆の生産国はエチオピア産?


・コーヒー豆は、コーヒーベルトの国々で作られている

◆コーヒーの栽培は、大変難しく
①雨、②日当たり、③温度、④土質の4つの条件を満たしていなければ育ちません。

①成長期に雨が多く、収獲期に乾燥している。つまり雨季と乾季があるという環境
②日光を好む植物にもかかわらず、日当たりが強すぎると元気がなくなってしまう。
③温度。温度は年平均20℃という夏の避暑地のような場所で、0度以下になれば死滅する。
④土質は肥沃で、水はけが良く少し酸性の土壌がコーヒーにはよい。

・地球上で、この四つの条件を満たすことができる場所は、
・赤道直下の南北回帰線(北緯、南緯25度)で囲まれた範囲。
ここを「コーヒーベルト」と呼びます。
 ここがコーヒー豆を生産できる地帯です。他の地域では、生産ができません。

・エチオピアから広がり、今では世界60数カ国で生産されているコーヒー


・生産地によって気候、風土にあった栽培法がとられており、形、味、香りなどが微妙に違いユニークな風味を楽しめる。


・コーヒー豆の種類

・エチオピアやアラビアのコーヒーの木は、やがて大航海時代、白人によって熱帯の植民地で大量に栽培された。

・コーヒー豆には「アラビカ種」と「ロブスタ種」がある。

・「アラビカ種」はエチオピアが原産地。コーヒー豆として品質が、優れているが病気に弱い。
・花のような甘い香りを持つアラビカ種、世界で生産されるコーヒーの約70%を占めている。

・「ロブスタ種」はコンゴが原産地。 生長が早く、病気にも強く、収穫量も多く生産性に優れているが、苦味が強く渋みがある。
・主にインドネシア・ベトナムで生産している。インスタントコーヒーの豆として利用されている品種。

作成日:2018/09/11